■プロフィール

ジェープラント

Author:ジェープラント
山形県酒田市を中心に、遊佐町、鶴岡市など周辺の樹木・植物をウォッチングしています。その他樹木・植物などについて様々なことを書きたいと思います。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
サンザシ
192 meisyoufusyou 15percent
<2012.5.27 万里の松原(松陵地区)撮影>

 この木は植えられたものですが、なんという樹木の名前なのか、わかりません。たぶん、シモツケ属の木だと思うのですが、今後も調べてみたいと思います。

 その後、調べた結果、花や葉の形からサンザシであると、ほぼ同定しました。

 「樹木図鑑」発行:日本文芸社を見ると、そこに載っている葉の形は、葉の縁が避けてなく鋸歯縁。ここに載せた写真は葉の縁が裂けている欠刻のもの。しかしこのようなことは、植物には多分にある現象。違う資料では、欠刻の写真を見ることができました。

 これを確認する意味でも、果実を見てみたいものです。

195 meisyoufusyou tori 40percent
<2012.5.27 撮影>
 それにしても、上品には見えないこの花。でもよく見ると、花の形がユニークで、雌しべもかわいらしい形をしています。

スポンサーサイト

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

サンザシ | 06:23:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
アキグミ?
175 meisyoufusyou tori 30percent
<2012.5.27 万里の松原(松陵地区)撮影>

 日当たりの良い場所に、ほのかな匂いを付近に漂わせながら咲いていたグミ。

178 meisyoufusyou tori 70percent
<2012.5.27 万里の松原(松陵地区)撮影>

 近づいてみると、薄い黄色いグミの花が咲いていました。ただ、隣に色の違う白い色の花のグミの木もあり、このグミの種類を特定するまでには至りませんでした。

 この実はどのようなものが、いつ生るのか、楽しみです。今のところ、このグミは花や葉の形などから、アキグミ又はナツグミだろうと思っています。

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

名称不明 | 05:21:20 | トラックバック(0) | コメント(2)
クワ
134 kuwa tori 30percent
<2012.5.27 撮影>
 この木はクワの木です。花は多分見たことありませんが、葉や実にその特徴を見つけることができます。
 まずは葉。葉先がとがりギザギザ縁の卵型をした形のものが多く見られますが、中には縁に切れ込みが入ったものも見られます。
 次は果実ですが、実がぎっちりくっ付いたツブツブの実の間から短いヒゲみたいのがでているのが特徴的です。

135 kuwa 20percent
<2012.5.27 撮影>

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

クワ | 04:42:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
アオキの花
097 aoki tori 25percent
<2012.5.27 万里の松原(松陵地区)撮影>

 これは、アオキの花です。この花の形は、昔自宅で見たヤツデの花に似ているような感じがします。もっとアップの写真が欲しいところですが、このときは撮れませんでした。

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

アオキ | 04:42:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
ハコネウツギ
076 hakoneutugi tori 25percent
<2012.5.27 万里の松原(松陵地区)撮影>

077 hakoneutugi tori 25percent
<2012.5.27 万里の松原(松陵地区)撮影>

 この花はハコネウツギだと思います。ウツギも種類が比較的多く、いろいろなウツギを見ることができます。このウツギは植えられたものだと考えますが、タニウツギは、少し離れた野山で見ることができます。

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

名称不明 | 04:43:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
この木は何でしょう? スイカズラのようです。
072 meisyoufusyou tori 30percent
<2012.5.27 万里の松原(松陵地区)撮影>

 この木は何でしょう?前回の薄黄色い花にも若干似ていますが、何でしょう。不明です。
 
 どうやら、スイカズラのようです。

続きを読む >>

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

キンギンボク | 05:00:35 | トラックバック(0) | コメント(2)
ヒョウタンボクかな?
070 meisyoufusyou tori 25percent
<2012.5.27 万里の松原(松陵地区)撮影>

 この低木は、何の木でしょうか?いろいろ調べてみましたが、わかりません。このような特徴的な花びらから、すぐわかると思ったのですが、苦戦しております。
 ヒョウタンボクみたいな感じがします。実を見れればはっきりするでしょう。

071 meisyoufusyou tori 30percent
<2012.5.27 万里の松原(松陵地区)撮影>

 実や樹皮、葉からも調べたいと思います。

 候補その1。トキワマンサク。でも葉の付き方が対生なので、違うみたい。
 有力候補その1。ヒョウタンボク。花や葉がそっくり。今のところ、90%くらいの自信です。

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

名称不明 | 06:58:13 | トラックバック(0) | コメント(1)
ツルニチニチソウ
057 turunitinitisou tori 25percent
<201.5.27 撮影>
 この花はツルニチニチソウと言います。いろんな花が咲いてます。いろんな植物が植えられています。この万里の松原の散策路には。もっとも、この花を撮影した辺りは、万里の松原の散策路というよりは、近くの住民の憩いのスペース的な所なので、万里の松原が整備される以前から、植物を植えて綺麗にしていたところかもしれません。

 それにしても、どれだけのものが人の手で植えられ、鳥などの動物や風で運ばれたものはどのくらいあるのでしょうか?

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

ツルニチニチソウ | 06:04:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
ヤマボウシ
054 yamabousi tori 25percent
<2012.5.27 撮影>
 酒田市の産業会館前の街路樹でもあるヤマボウシ。なんかカッコイイ、ちょっと不思議な感じの樹木です。他に似た花はないので、この花が咲いた時点で、一目でわかります。この真ん中の部分が赤く色づくのをあまり見たことがありません。今年は是非見てみたいものです。


055 yamabousi 20percent
<2012.5.27 撮影>

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

ヤマボウシ | 05:17:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
レンギョウ
201 rengyou 20percent
<2012.4.30 撮影>
 この花は、レンギョウと呼びます。四つの黄色い細い花弁でほぼわかります。

200 rengyou tori 40percent
<2012.4.30 撮影>
 この花、上を向いてくれないかなー。

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

レンギョウ | 06:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
ユキヤナギ
124 yukiyanagi tori 25percent
<2012.4.30 撮影>
 この時期は、よくサクラの花に似た花を見ますが、これもその一つ。ユキヤナギです。枝いっぱいに咲く花は見事です。
 ヤナギの名前がついていますが、実はバラ科の落葉低木です。まあ一見、ヤナギみたいな枝っぷりで、枝一面に雪のように白い花がついている様を見て、このような名前になったのかもしれませんね。

126 yukiyanagi 20percent
<2012.4.30 撮影>
 そばに寄ってよく見ると、本当に綺麗な花です。

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

ユキヤナギ | 05:44:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
ムスカリ
108 musukari tori 40percent
<2012.4.30 撮影>
 この花はムスカリと言います。ユリ科の植物で、球根で育つそうです。

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

ムスカリ | 05:26:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
ヤマブキの花びらは何枚?
142 yamabuki tori 25percent
<2012.4.30 撮影>
 ヤマブキの花びら(花弁)は通常5枚ですが、この写真のように8枚の変種を見ることができます。
 植物はこのように、変種を時々見ます。この変種が、同定の時に私を悩まします。

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

ヤマブキ | 05:18:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
ヤマブキ
143 yamabuki tori 30percent
<2012.4.30 撮影>
 この花はヤマブキです。はじめは何の花かわかりませんでした。しかし、花の形や葉の形で判明。ちょうどサクラの花も咲き始めたこのころ。花はそんなに多くないので、少し目立っています。
 ヤマブキと言えばやまぶき色。今はあまり聞かなくなりましたが、この花の色からその名前が付けられたようです。花の形は何となくサクラに似ています。

145 yamabuki tori 25percent
<2012.4.30 撮影>
 この木は低木で、バラ科の植物。樹木と言うより草に近い存在かな?

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

ヤマブキ | 06:00:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
人植え植物(樹木)と非人植え植物(樹木)
 植物は、昔から自然の力(人の手で植えられたものでない)だけで、その地に育ったものとそうでないものとがあります。また、人の手で植えられたものでも、そこから種が生り、その種が自然の力で別の場所に落ち、育つものがあります。
 私は、この自然の力で運ばれた種が育った植物を「非人植え植物(樹木)」、そうでない人の手で植えられたものを「人植え植物(樹木)」という名称を使っていきます。

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

樹木観察 | 07:24:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
スダジイ
283 sudajii 15percent
<2012.4.7 撮影>
 スダジイ。聞いたことのない名前の木。葉はパッと見、サカキに似ている。しかし、よく見ると、葉にギザギザが見えるものもある。サカキにはギザギザはないので、なんか違うというのがわかる。また、この木は太く、比較的高木である。サカキは、これほど大きくなりはしない。

 スダジイ。調べてみると、シイ(椎)の変種らしい。そういえば、椎の木という単語は聞いたことがありそう。シイタケという言葉は、もちろん知っている。なんか身近に感じてきたぞ。

 スダジイは、シイの中で最も北に進出した木らしく、新潟県の佐渡島や福島県がその北限らしい。だったら、ここでもなんとか育つのかな?と思いました。
 この木にもドングリがなるそうで、今年の秋には行って拾ってきたいと思います。

282 sudajii tori 35percent
<2012.4.7 撮影>

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

スダジイ | 05:28:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
サザンカ
384 tori 30percent
<2012.4.7 撮影>
 この花をパッと見たとき、ツバキの花だと思いました。そしてそれ以外何の疑問も持ちませんでしたが、付近を見ると、下の写真のような標識が付いていました。そういえば、花の形が違うことを思い出しました。ツバキは、小さいころから見慣れた花なので、気づきました。

 サザンカと言えば、童謡「たきび」。この花をサザンカだた意識して見たのは初めて?だったので、「これがあの童謡のサザンカか」と、嬉しくなりました。

 万里の松原の散策路の周辺に植えられている木々には、こういった樹木の標識を数多く見ます。一見クロマツの松林にしか見えないこの場所に、様々な樹木が植えられていることに気づきます。近くの小中学校の学習林とかなんとかの看板もありました。

383 tori 30percent
<2012.4.7 撮影>
 この標識。極たまに違っている場合があるので、100%鵜呑みにしていると、痛い目に会います。お気をつけて。このサザンカが見れる場所は、万里の松原の中にある「山神社」の手前です。

382 yamajinjya 15percent
<2012.4.7 撮影>
 これが山神社です。神社や寺などの周辺は、良い樹木・植物観察ポイントです。

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

サザンカ | 05:59:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
ドイツトウヒ
102 tori 50percent
<2012.4.7 撮影>
 昨日、NHKの世界遺産(ヴルコリニィツ)で、この木のことを「オウシュウトウヒ」と紹介していた。この名称の方が一般的なようであるが、私は呼びにくいので、ドイツトウヒと呼んでいる。

 この木をこの名称で意識して見るようになったのは最近のことである。もともと日本には無い木だったので、植えられたのは昭和の頃であろうが、樹木の名前に関心のなかった私には、漠然と松(クロマツ)としか見ていませんでした。クロマツの松ぼっくりしか見たことがなかったので、ドイツトウヒのマツボックリはかっこいいと思いました。

 12月になってから部屋にクリスマスツリーを飾ったが、これはドイツトウヒにそっくり。クリスマスツリーと言えば、モミ。まあ、どちらも似たような針葉樹ですから、どちらでもいいのですが、時代の移り変わりなのか?

 話はまたまた変わりますが、アルプスの少女ハイジのアニメのおじいさんの山小屋の裏の木は、ドイツトウヒがモデルだと、森林・林業学習館のWebページに、書いてありました。

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

ドイツトウヒ | 05:52:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
クスノキでなく、ヤブニッケイでもなく、訂正、シロダモです。
073 tori 30percent
<2012.4.1 撮影>
 これはクスノキです。アオキに似ている感じもあり、最初見たときは、アオキの葉とは少し違うなぁー、でもアオキかなとしか思いませんでした。後で調べてみると、これはクスノキでした。同定のポイントは葉です。
 どのような生物にも言えますが、まったく同じ形をしたものは、クローンでもない限り存在しません。樹木にもそれは言えることで、同じ形をした木は一本もないと思います。それそれの環境・タイミングで様々に適応し現在の形になっているのです。
 【訂正】これは、ヤブニッケイと思われます。
 【再訂正】これは、シロダモです。詳しくは、2013.1.17のブログにて。

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

シロダモ | 06:01:47 | トラックバック(0) | コメント(1)
これもアオキ!?
069 tori 20percent
<2012.4.1 撮影>
 これもアオキです。たぶん。葉の形からして95%アオキでしょう。実や花も見れれば確信できるのですが。
 アオキは日本生まれの植物で、学名は「Aucuba japonica アウキュバ・ヤポニカ」で、「Aucuba」は「日本の青木葉 アオキバ」の名に由来するそうです。日があまり当たらない場所でもよく育ち、耐寒性が強い常緑樹です。
 アオキは、葉っぱや茎が常に緑色なのでこの名が生まれたみたいです。

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

アオキ | 06:49:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
万里の松原(松陵地区)の地図
352 tori 20percent
 万里の松原、この辺りは、詳しく言うと「庄内海岸 万里の松原 松陵地区」というみたいです。

352 tori2 70percent
 これまで取り上げた、メタセコイアやアオキが生えていたのは、あやめコースの入口付近です。

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

樹木観察 | 05:34:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
いろいろなアオキが見れます。
068 25percent
<2012/4/1 撮影 万里の松原にて>
 この木はなんでしょう? この木はアオキです。
068 tori 90percent
<2012/4/1 撮影 万里の松原にて>
 よく高木の木の下で見ます。こんな日陰でよく育つものだと、その生命力に感心させられます。アオキの葉は対生していて、葉身は長楕円形。その縁には葉先よりに鋸歯があります。葉質(厚み)は厚めで、表面はつやつやしていて光沢があります。この木のように、園芸品種として斑入り葉もあります。


テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

アオキ | 05:34:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
樹木の名前の調べ方
043 20percent
<2012/4/1 撮影>
 樹木の名前がわからないとき、みなさんはどのようにしてその名前を調べますか? 私がこの樹木ウォッチングを本格的に始めたのは、2年位前からですが、季節は雪解け間近の春だったと思います。 多くの木々に葉も無く花も無く実も無い頃、とにかく注目した木の写真を撮りました。 そして買ってきた樹木図鑑で、調べたのですが、手掛かりは樹冠と樹皮と過去に見た記憶だけ。 これだけの情報では、初心者の私がその樹木の名前を確実なものとして知ることは、なかなかできませんでした。 その頃はただただ手掛かりとなる花や葉、実がなることが待ち遠しい日々でした。そうこうしているうちに、少しだけ観察力もアップし、葉も無く花も無く実も無い今のような時期は、その木の下に落ちている枯葉や実にも注目し、その木の同定(植物の名前の判別)をしています。

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

樹木観察 | 05:12:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
メタセコイアの雄花?
039 15percent
<2012/4/1 撮影>
 メタセコイアは高木なので、上の方の状態を観察する場合、遠目で見るしか方法はありません。しかし、何らかの原因で、上にあったものが下に落ちてくるときがあります。万有引力は偉大です。
 この写真にあるように、枝に稲穂のようについているのが、雄花です。そしてそれが落下したものが、下の写真です。話は変わりますが、この落下物観察も面白いものがあります。新しい発見もあります。
049 tori 30percent
<2012/4/1 撮影>

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

メタセコイア | 04:51:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
メタセコイアは、はじまりの木。
034 15percent
<2012/4/1 撮影> 
 メタセコイアは針葉樹ですが、葉が茶色になったあと落葉します。この木に関心を持ったきっかけは、仙台市の泉パークタウンにあるアウトレットに行ったときでした。季節は12月。そこら一帯に凛々しく立ち並ぶ葉のついていない木々。「かっこいいなー。」と感動しました。そして、この木はなんという名前のの木だろう?と思いました。針葉樹みたいだが落葉している? 針葉樹といえばクロマツやスギのように、一年中緑の葉がついているイメージしか持っていなかったので、とても新鮮に感じました。
 そういえば、宮城県の森林インストラクター協会webページに、大昔、仙台にもメタセコイアが生息していたという記述を見ました。仙台とその木は、昔から縁があったんですね。
 そして、この木が私を樹木ウォッチングに興味(縁)を持たせてくれた、はじまりの木でもあります。

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

メタセコイア | 05:49:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
これは、なんの木?
041 15percent
<2012/4/1 撮影> 
この木はメタセコイアです。セコイアの木は、昔、何かの本で見て感動した木です。その本には、この木はアメリカの方にあり、その木の根元が自動車が通れるくらいのトンネルが開いており、そこをトラックが通っている写真が載っていました。その同じような名前の木が近所にもあったんだと、感激しました。
047 15percent
<2012/4/1 撮影>
 この小さな松ぼっくり?は、メタセコイアの雄花の名残(球果)です。松だったら、松ぼっくりの中にあった種から発芽したものが見れますが、このメタセコイアの自然発芽率は極めて低いらしく、発芽した幼木はまだ見たことがありません。ここにある木も苗木で植えられたものでしょう。この場所は旧五中の脇です。市内の小学校でよく見る木です。

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

メタセコイア | 06:59:53 | トラックバック(0) | コメント(1)
万里の松原 ?


続きを読む >>

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

未分類 | 05:50:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
これからはじめます。


未分類 | 06:29:40 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。