■プロフィール

ジェープラント

Author:ジェープラント
山形県酒田市を中心に、遊佐町、鶴岡市など周辺の樹木・植物をウォッチングしています。その他樹木・植物などについて様々なことを書きたいと思います。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
常緑樹の紅葉 サンゴジュ
20151116 031 sanngojyu 20per
< 2015.11.16 鶴岡公園 >

 サンゴジュは常緑樹です。常緑樹=紅葉というイメージはありませんでしたが、樹木をウォッチングしていると、その色々な姿・変化を感じ取れるようになってきました。ウォッチングセンサーの感度が高まったのかもしれません。マニアックな世界です。
 前からこの木の葉が一部赤くなっているのは気づいていました。が、それは風景の一部としてであり、そこに“なぜ?”は浮かびませんでした。
 常緑樹と言っても、常葉樹ではありません。葉は枯れて落ちます。その段階で葉の色が赤や黄色になるのです。多くの落葉樹みたいに秋になると葉が一斉に全部枯れて落ちてしまうわけではなく、少しづつ何気なく葉が入れ替わります。
 常緑樹の紅葉のしくみは、落葉樹と同じです。
 
 どの葉にも、緑色の養分(クロロフィル)と、黄色の養分(カロテノイド)と赤色に変わる養分(ブドウ糖)があります。
 葉は枯れる前、緑色の養分(クロロフィル)が段々と無くなり、段々と緑色が薄くなって行きます。
 また、葉のつけ根と枝の間に壁(離層)ができてきます。
 黄色くなる葉は、その前に赤色に変わる養分(ブドウ糖)が、幹の方へ移ります。黄色の養分(カロテノイド)はそのまま葉に残っているので、緑色の養分が無くなると、黄色だけが残り、葉が黄色く見えるわけです。イチョウなどは典型的な例でしょう。
 赤くなる葉は、赤色に変わる養分が葉に閉じ込められ、緑色の養分が薄くなって行くのと同時に、赤くなる養分が赤くなるために、葉が赤く見えるわけです。この時、葉には黄色の養分も残っていますが、樹木によって黄色が全く見えてこないものもあります。ニシキギはその典型的な例でしょう。
 常緑樹の紅葉は、赤が多いようです。


スポンサーサイト
サンゴジュ | 06:43:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
サンゴジュの花
sangojyu 20130628 084 tori 15per
<2013.6.28 鶴岡市 撮影>

 サンゴジュは比較的温暖な地方に自生する常緑樹です。なので、冬にこの樹の葉を見たときは、常緑樹なのに葉が部分的に枯れていたり、シミみたいなものがでていたりしていて、なんとか生きているみたいな、とても気の毒な状態です。

 しかし、春になり、夏を迎えると、葉もイキイキし、花もこのように咲き、やっぱり暖かいのが好きなんだなー。暖かい環境が適する植物なんだなーというのがわかります。

 この木は、葉が厚いのでなかなか火がつかず、幹や枝にも多量の水分を有することから燃えにくい植物のようです。

sangojyu 20130628 085 tori 35per
<2013.6.28 鶴岡市 撮影>

 この木は、結構いろいろな所でみます。鶴岡市だけでなく、酒田市の神社、公園で見ました。寒い地方なのに、頑張ってます。

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

サンゴジュ | 05:45:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
サンゴジュ
sangojyu 20130202 391 1 25per
<2013.2.2 山王森 撮影>

 名前からして、暖かい所を好む樹木という感じ。その実がサンゴに似ているからこの名が付けられたとか。

sangojyu 20130202 391 3 30per
<2013.2.2 山王森 撮影>

 この葉を見ると、寒そうで少し気の毒になります。この木は水分を多く含む木で、庭木には適しているようです。

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

サンゴジュ | 06:20:49 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。